タマネギのポリフェノールが脂肪分解する酵素を活性化

トップ > 代謝を上げる > タマネギ

 

タマネギには血流をよくする作用があり、生で食べれば血糖値を下げる効果、加熱して食べればコレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。

ケルセチン
タマネギには、ケルセチンというポリフェノールが含まれ、脂肪分解酵素を活性化させる働きがあります。
また、ケルセチンには、ビタミンCの働きを助け、高い抗酸化力を持っています。

硫化アリル
タマネギを切ったときに、涙を出させるのが硫化アリルという成分です。
硫化アリルには、血管内の血栓を溶かす作用があり、血液をサラサラにします。
血流がよくなることで代謝が上がり、血圧を下げたり、動脈硬化の予防などに効果的です。

白米とタマネギ
カツ丼やカレーライスなどは、小麦粉を使った衣やルー、甘い味付け、白米の量が多いなど、血糖値が上がりやすいです。
タマネギには、血糖値を下げる効果があるので、このような料理では多めに入れるとよいです。




糖質の多い主菜
ダイエット中に、糖質量の多いおかずを食べるときには、白米を減らしたり、GI値を下げるなどの工夫が必要です。
シチュー、肉じゃが、酢豚、ポテトサラダなどに、タマネギが入っているのも、理にかなっていると言えます。

お酢・クエン酸
お酢の成分であるクエン酸は、急激な血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖質の吸収が緩やかにします。
タマネギの入ったマリネや酢の物は、タマネギとクエン酸の相乗効果が得られます。

タマネギの食べすぎ
タマネギをたくさん食べれば痩せる訳ではありません。
犬にタマネギを食べさせてはいけないことが知られていますが、人間も食べすぎると体によくありません。
タマネギばかりを食べるような極端なダイエットはやめましょう。