水分が不足すると代謝が悪くなって太る

 

水分不足は熱中症の原因になるだけでなく、代謝が悪くなって太る原因にもなります。

水分が不足すると
水分が不足すると体熱の発散ができなくなったり、血液がドロドロになって体の末端まで血液が行き届かなくなります。
血流が悪くなると細胞に酸素や栄養分が運ばれなくなったり、いらないものを回収できなくなり、代謝が悪くなります。
この状態が続くと心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります。

水分補給と塩分補給
夏場の運動などで大量に汗をかいたときに、水やお茶で水分補給すると体内の塩分濃度が薄くなります。
ナトリウム(塩分)には水分を溜める働きがあるため、塩分濃度が薄くなると体内に水を保持できなくなり、水分を摂っても尿になってしまいます。
熱射病対策で塩分補給をするのは、これを防止するためです。

スポーツドリンク
汗が多い場合の水分補給には、汗をかいて失われる塩分やミネラルも補給できるスポーツドリンクが適しています。
持久的な運動では、炭水化物を補給して血糖値を維持することができるので、疲労を軽減することもできます。
塩分や栄養分が不足すると、けいれんや足がつるなどの症状が出ることがあります。

炭酸水
炭酸水には水分補給と同時に、体内の酸素の供給量を増やしたり、血管を拡張して血液を増やして代謝をよくする効果があり、欧米ではよく飲まれています。
サイダーやコーラは糖質が多く、ビールは利尿作用があり水分補給にはなりません。

無糖・カロリーゼロの飲料
無糖やカロリーゼロと表示されていても、0キロカロリーでない場合があります。
100ml当たりの糖質量が0.5g未満なら糖質ゼロ、100ml当たり5kcal未満なら0キロカロリーと表示できることになっています。
糖質オフや糖質控えめは、100ml当たりの糖質量が2.5g以下、100ml当たり20kcal以下ということになっています。