生姜で血流改善、基礎代謝を上げる

 

生姜には血管を拡張させる作用があり、基礎代謝を上げることで、脂肪の代謝につながります。

ショウガ紅茶

体が冷えていると太りやすい
最近、痩せにくくなった、体が冷える、むくみやすいなどを感じる人は、
体温が低くなっている可能性があります。
正常な体温は36度~37度ですが、現代人には36度以下の低体温の人が増えています。
体温が1度下がると基礎代謝は10%も下がると言われます。
体温が低いのは血行が悪いのが理由で、代謝も低いので太りやすくなります。
また、栄養素やホルモンが体の末端まで運ばれにくくなり、免疫機能も低下してしまいいます。

体を温める食事
体を温めると血行がよくなって代謝が上がります。
体を温めるには、温かいものを食べればよいと思いますが、温かくても体を冷やしてしまう食材もあります。
小麦製品や暑い地方で採れる野菜や果物は、温かくても結果的には体を冷やします。
例えば、うどん、コーヒーなど。
体が冷えていると代謝が悪く太りやすくなるので、生姜などの体を温める食品を摂ることで代謝が上ります。

生姜は血流をよくする
生姜の辛味成分であるジンゲロンには、血管を拡張させる作用があり、血流がよくなることで脂肪の代謝を促進させます。
また、香りの成分であるガラノラクトンにも体を温める作用があります。
さらに体を温める作用がある紅茶に入れて飲めば、相乗効果により新陳代謝が高まります。




ショウガオール
ショウガオールという成分が、体を持続的に温めます。
ショウガオールは、生の生姜にはあまり含まれず、約100℃でゆっくりと加熱すると生成されます。
また、煮汁などに溶け出す性質があります。

豚肉の生姜焼き
豚肉には、体内で糖をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富に含まれています。
豚肉の生姜焼きをおかずに食べれば、生姜の働きに加え、ビタミンB1の働きにより食後血糖値が上りにくくなります。
脂質の少ないヒレ肉やモモ肉なら、なおよいです。
ビタミンB1には、食欲を増進させる働きもあるので、食べすぎには注意が必要です。

豚肉の生姜焼き

黒生姜
黒生姜(ブラックジンジャー)とは、タイで1000年以上の伝統があるハーブです。
生姜の主要な成分に加えて、アントシアニンやクルクミンなどのポリフェノール、ミネラル、アミノ酸などを含んだ、現在注目されている植物です。

アントシアニンとは
アントシアニンはブルーベリーに含まれ、目によいことで知られているポリフェノールです。
目で光を感じるにはロドプシンという物質が必要ですが、加齢などで合成能力が低下します。
アントシアニンには、ロドプシンの合成を活性化する働きがあり、眼精疲労が改善されます。

クルクミンとは
クルクミンは、ウコンやカレー粉などに含まれる肝機能を高めるポリフェノールです。
肝臓の解毒作用を強化して、胆汁の分泌を促進ししたり、飲みすぎで低下したアルコールの分解能力を改善できます。
胆汁はコレステロールが主成分であるため、胆汁の分泌が活発になれば、体内のコレステロールを減ります。

黒生姜茶でダイエット
黒しょうが茶は、体を温めて代謝を上げる効果がある健康茶です。
黒生姜を中心に、クコの葉、たんぽぽ根、どくだみ、びわの葉、ほうじ茶、よもぎ、桑の葉、紅花、杜仲茶葉、緑茶など、代謝を上げる11種類の素材が入っています。