食事を摂るだけでも代謝は上がる

食事を摂るだけでもエネルギーは使われます。食べたものを消化吸収することにも、胃腸などの内臓が活発に働いて、エネルギーが使われます。

DIT(食事誘導性体熱産性)とは
食事をすると体が温かくなったり汗をかいたりしますが、これは、食べたものが消化吸収されるときにもエネルギーが使われているからです。
このエネルギーが使われているときに出る熱をDIT(食事誘導性体熱産性)といいます。
DITが高い人は低い人に比べて、より多く熱が発散されるので太りにくくなります。

DITを高めるには
DITは筋肉量が少なくなったり、高齢になると低くなっていきます。また、朝が一番高く、夜になるにつれて低くなっていきます。
DITを高めるには筋肉をつけることが必要ですが、普段の生活で簡単にも高くすることができます。

  • 冷たいものより暖かいものを食べる
  • たんぱく質をたくさん摂る
  • 塩分を控えて香辛料を多く使う
  • 食事前に軽く運動をする

などすると、DITを高めることができます。

代謝を上げる食事
体の代謝が高いときに食事をすると太りにくく、代謝が低いときは太りやすくなります。
朝は体の代謝が高く、朝食をしっかり摂ることで、1日の代謝を高く保つことができます。
夜は体の代謝が低く、食べ過ぎると太ってしまいます。
また、食事の30分くらい前に軽い運動をすると、代謝が高い状態で食事を摂る事ができ、肥満を予防できます。
たんぱく質を十分に含む食事は、筋肉に不可欠な栄養素であると同時に、体の代謝を上げてくれます。




朝食は必ず食べる
朝食を抜くと空腹時間が長くなり、体が飢餓状態と感じて脂肪を蓄えようとします。 また、1回の食事で大食いにもなりやすいです。
1日で同じ量を食べるなら、DITにより食事の回数が多いほうが太りにくくなります。
朝食を食べていない人は、1日2食から1日3食にするだけでも代謝が上がり、太りにくくなります。

起床後はなるべく早く朝食を摂る
起床後は何も食べなくても、体内に貯蔵されている糖によって血糖値は徐々に上昇します。
起床後しばらくしてから朝食を摂ると、血糖値が高くなった状態で朝食を食べることになり、血糖値が大きく上昇してしまいます。
同じ食事量でも、起床後すぐに朝食を摂れば、血糖値の上昇が抑えられます。

体を温める食事
体が冷えていると代謝が悪く、ダイエットにはよくありません。体を温めると血行がよくなって代謝が上がります。
食事で体を温めるには、温かいものを食べればいいのですが、小麦製品や暑い地方で採れる野菜や果物は、温かくても体を冷やすと言われています。
体を温めるには、バランスを考えて食べるようにします。