にんにくで冷え性の解消・代謝を上げて脂肪燃焼を促す

トップ > 代謝を上げる > にんにく

 

にんにくには、ビタミンB1の吸収力を高めて疲労回復やスタミナアップ、末端血流を改善して冷え性の解消、代謝を上げて太りにくくするなどの効果があります。

にんにくの成分
にんにくは、疲労回復や滋養強壮に効果があることが知られています。
にんにくには、アリシン、スコルジニン、ビタミンB1、ビタミンB6などの成分があります。

アリシン
アリシンは、にんにくの臭いのもとですが、体内でビタミンB1と結合すると、アリチアミンという物質に変わり、ビタミンB1の吸収力が高まって疲労回復、スタミナアップなどの効果が期待できます。
また、血栓を溶かしたり、コレステロールを低下させる効果もあり、代謝が上がります。

すりおろす
アリシンは、にんにくの細胞壁が破れることで生成されます。
にんにくをスライスするよりも、すりおろす方がアリシンの効果を得られます。
加熱した方がよく、生で食べると胃腸を痛めて、逆効果になることもあります。




スコルジニン
スコルジニンにも、アリシンと同様に血流を改善し、疲労回復、スタミナアップなどの効果があります。
スコルジニンは、無臭の成分です。

ビタミンB1
にんにくを食べると元気になるのは、ビタミンB1の吸収力が高まるからです。
ビタミンB1は、糖質を分解してエネルギーを作り出す水溶性のビタミンで、
ビタミンB1は、摂取率が低い栄養素です。不足すると、乳酸がたまって疲れやすくなります。

豚キムチ
上記のとおり、ビタミンB1にはエネルギーを作り出す働きがあり、豚肉に多く含まれています。
豚キムチなら、にんにくと豚肉を組み合わせた料理です。

ビタミンB6
ビタミンB6は、たんぱく質の代謝に関わっています。
筋トレ後に摂ることで、筋肉疲労の回復、筋肉作りに役立ちます。

にんにくの摂取量
にんにくには、強い殺菌作用があるので、生で食べると胃が荒れたり、逆効果になってしまうこともあります。
にんにくの1日の摂取量の目安は、生なら1片、加熱すれば2~3片が適当です。

にんにくの臭いを抑えるには
牛乳には、にんにくの臭いを抑える作用があります。
昔、アニメのサザエさんで放送していました。
食後30分以内に飲まなければ効果がなくなります。