キムチで代謝促進・便秘解消

キムチには、代謝を上げる、腸内環境をよくする、などの効果があり、ダイエット向きの食品です。

キムチのダイエット効果
キムチの材料は、食物繊維が豊富な白菜、代謝を高める唐辛子、血行をよくするニンニクなどで、脂肪燃焼の効果があります。
乳酸菌も豊富なので、腸の働きをよくし、便秘解消などにも効果があります。
ただし、塩分やカロリーが高めなので、食べすぎはよくありません。

唐辛子の辛み成分・カプサイシン
唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは、アドレナリンなどのホルモンの分泌を促し、身体を温めて、代謝を促進します。
ただし、唐辛子を摂りすぎると胃が荒れたりするので、その場合はカプサイシンだけを摂れるサプリメントを活用するのも一つの方法です。

辛くないカプシエイト
カプシエイトも唐辛子の成分ですが、辛さはカプサイシンの1/1000と言われます。
辛くないのが特徴ですが、代謝促進、脂肪燃焼など、効果はカプサイシンと同様です。

にんにくと唐辛子
にんにくは、疲労回復や滋養強壮に効果があることが知られています。
キムチには、にんにくも入っているので、にんにくが血行をよくし、さらに唐辛子が代謝を促進して、相乗効果が得られます。

納豆キムチ・豚キムチなど
キムチを使った料理に、納豆キムチや豚キムチなどがあります。
納豆とキムチ、豚肉とキムチがよい組み合わせかも知れませんが、無理に混ぜずに食べても効果は同じです。