水中ウォーキングの利点

トップ > ウォーキング > 水中ウォーキング

 

水中ウォーキングでは水の浮力があり、体への負担を軽減できるので、筋肉の少ない人や太っている人には効果的です。

水の抵抗
水中ウォーキングでは、水の抵抗があるので、泳がなくてもゆっくり歩くだけで相当なダイエット効果があります。
また、速く歩くほど水の抵抗が大きくなるので、自分の体力に合わせて歩くことができます。

浮力で関節などへの負担軽減
陸上でのウォーキングでは膝関節や腰、背骨などに負担がかかります。
水中ウォーキングでは水の浮力があり、体への負担を軽減できるので、腰や膝が痛い人、筋肉の少ない人、太っている人などには効果的です。
水中では体への負荷が約30%になるといわれ、体重60kgの人なら水中では18kgになります。

圧力で血行促進
水の圧力で皮膚が刺激され、体全体の血行がよくなります。
水に入ると圧力で血管が収縮しますが、体が慣れてくると元に戻って血行が促進します。

体温調節機能がよくなる
水に入ると、始めは冷たく感じるので震えたりしますが、やがて慣れてきます。
水中ウォーキングを行うことにより、体温を調節する機能がよくなり、風邪を引きにくくなります。

消費エネルギー
水中ウォーキングでは水の抵抗により、陸上よりも高い効果が期待できます。
また、水は空気よりも多くの熱を吸収するので、消費エネルギーが多くなります。
ただし、水の中に長時間いると体温が低下してしまうので注意が必要です。




ウォーキングでダイエット
ウォーキングの基礎知識
フォームと呼吸法・やってはいけない歩き方
ウォーキングの歩幅と速度、消費カロリー
ウォーキングで脂肪燃焼
ウォーキングの運動効果・歩数と病気の関係
ウォーキングの効果を上げるには
高速ウォーキング
坂路ウォーキングと階段上がり
ウォーキングの時間と頻度、効果的な時間帯
ウォーミングアップとクーリングダウン
水分補給・塩分補給
ウォーキングダンベル
水中ウォーキングの利点
自宅でステップ運動