部分やせ簡単エクササイズ(二の腕・お腹・腰まわり・太もも)

 


ダイエットすると全身の脂肪細胞が均等に使われるので、特定の部位の体脂肪を減らすことはできません。
しかし、簡単なダンベルトレーニングで特定の部位を引き締め、さらに有酸素運動をすることで「部分やせ」することができます。

特定の部位の体脂肪は減らせない
体内のエネルギーが不足すると、体脂肪を分解するホルモンが分泌され、血液により全身に運ばれます。
これにより全身の脂肪細胞が均等に分解されて、遊離脂肪酸となって血液中に放出され、不足したエネルギー源になります。
ダイエットすると特定の部位の体脂肪が減るのではなく、全身の脂肪細胞が均等に減っていくことになります。

部分やせしたような錯覚
ダイエットすると、全身の脂肪細胞は均等に使われるので、特定の部位の体脂肪を減らすことはできません。
しかし、お腹には、他の部位に比べて脂肪細胞の割合が多いので、ダイエットで減る脂肪量も他の部位より多くなります。
このことが、部分やせしたような錯覚を起こしているのです。

部分やせするには
部分やせしたいということは、その部位にだけ脂肪があるのではなく、全身の脂肪も多いということです。
部分やせしたいなら、まずその部位の筋肉を活性化させて、引き締めることが必要です。
とは言っても、重いダンベルで鍛えるようなことは必要ありません。
ほとんど運動をしていない人なら、下記のような軽いトレーニングでも十分に引き締める効果があります。




ダンベルトレーニングの効果
上記のような、ダンベルトレーニングは、エネルギー源が糖質なので、体脂肪がエネルギーとして使われることはありません。
ダンベル運動そのものに痩せる効果はありませんが、余分な血糖が使われて、脂肪を溜めにくくすることができます。
また、筋肉がつくことで基礎代謝も上がります。

体脂肪を減らすには有酸素運動
健康的に体脂肪を減らすには、有酸素運動をするしかありません。とにかく日常的に歩くことが重要です。
ウォーキングでは、最初は血糖がエネルギーとして使われますが、始めて20分後くらいから体脂肪がエネルギーとして使わる割合が増えてきます。
自宅でのステップ運動(踏み台昇降)も効果的です。




有酸素運動で体脂肪を減らす
筋トレ後は、数時間にわたって体脂肪が分解が活発になり、エネルギーとして使える状態です。
この間に、有酸素運動をすれば、すぐに体脂肪がエネルギーとして使われるので効率的です。

女性ホルモンが脂肪を溜める
女性ホルモンが多く分泌されている期間(生理前)は、妊娠や出産に備えて皮下脂肪がつきやすい状態です。
逆に、生理の期間は女性ホルモンの分泌が少なく、筋力トレーニングやダイエットに向いています。
このことを考慮すると、ダイエット効果が高くなります。