トクホのお茶で体脂肪を分解!少ない運動量でも痩せる

 

体脂肪を分解させるには、有酸素運動を20分くらい続けなければなりませんが、トクホのお茶は、飲むだけで体脂肪が分解して、エネルギーとして使える状態になります。
飲んだ後に運動をすれば、効率よく体脂肪を燃やすことができます。

お茶

トクホのお茶は痩せない?
トクホのお茶を飲むだけでは、体脂肪は燃焼しません。
トクホのお茶を飲むと、体脂肪が分解して、エネルギーとして使える状態になります。
この状態で運動をすれば、エネルギーとして使われ、体脂肪が燃焼します。
動かなければ、再び結合して、体脂肪に戻ってしまいます。

トクホのお茶の成分
体脂肪は、分解されなければ、燃焼できません。
トクホのお茶には、緑茶カテキン、カフェイン、ケルセチン配糖体、難消化性デキストリン(食物繊維)などの成分が多く含まれ、体脂肪の分解を促進します。

緑茶カテキン
緑茶の成分であるカテキンには、食事で摂った糖質の消化吸収を抑えたり、体脂肪の分解を促進する働きがあります。
ペットボトルの緑茶よりも、急須で入れた緑茶の方が効果が大きいです。
また、カテキンには活性酸素を除去する強い抗酸化作用もあり、病気の予防にも効果的です。

ケルセチン配糖体
ケルセチン配糖体は、タマネギなどの野菜にも含まれているポリフェノールで、脂肪分解酵素を活性化させる働きがあります。




カフェイン
緑茶やコーヒーに含まれるカフェインにも、体脂肪の分解を促進する働きがあります。
ただし、カフェインには利尿作用があるので、水分補給も忘れずに。
水分が不足すると、逆に代謝が下がってしまいます。

烏龍茶ポリフェノール
烏龍茶ポリフェノールにも、体脂肪の分解を促進する働きや、血中コレステロールを減らす効果があります。
また、活性酸素を除去する働きもあります。

体脂肪の分解と燃焼
体脂肪を燃焼させるには、体脂肪を分解して血中脂肪酸に変え、運動をすることで脂肪酸をエネルギーとして使うことが必要です。
体脂肪は分解しないと減らないのですが、分解してもエネルギーとして使われなければ、再び体脂肪に戻ってしまいます。
トクホのお茶には、体脂肪を分解させる働きがありますが、飲んだだけでは体脂肪は減りません。
トクホのお茶を飲んでも痩せないという人は、運動量が足りていないと言えます。

トクホのお茶は有酸素運動20分と同じ効果がある
ウォーキングなどの有酸素運動では、体脂肪が分解してエネルギーとして使える状態になるまでに20分くらいかかります。
有酸素運動は、20分以上行わないと体脂肪が燃焼しないという理由はこのためです。
トクホのお茶には、体脂肪の分解を促進する働きがあるので、散歩や買い物の前に飲んでおけば、運動を始めてすぐに体脂肪を燃焼させることができます。
普段運動しているのに痩せない人は、試してみるとよいかも知れません。




トクホ飲料
トクホのお茶には、カテキンやカフェインなどが多く含まれ、ダイエットに効果的ですが、飲めば飲むほど痩せるわけではありません。
しかし、今まで飲んでいたカロリーの高い飲料をトクホのお茶に変えれば、食事にも気をつかったりもするので、相乗効果が生まれます。

伊右衛門 特茶
脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体により、体脂肪を減らすのを助けます。
食事と一緒に十六茶W

難消化性デキストリン(食物繊維)を含み、食後の脂肪吸収を抑える十六茶です。