【ワカメ×味噌&お酢】ダイエットの相乗効果

 

カリウムには、細胞内の余分なナトリウム(塩分)の排泄を促す作用があり、高血圧を予防します。
海藻に多く含まれ、中でもワカメに多く含まれています。

カリウムの多い食品
カリウムは、汗とともに失われるので、補給することが大切です。
不足すると、疲れやすくなったり夏バテになります。

食品 食品の量 カリウムの量
ワカメ(乾燥) 10 g 740 mg
昆布(乾燥) 10 g 610 mg
ひじき(乾燥) 10 g 640 mg
ほうれん草 50 g 345 mg
サトイモ 50 g 320 mg
サツマイモ 50 g 235 mg
納豆 50 g 330 mg




ワカメの味噌汁
味噌の原料である大豆には、たんぱく質や不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、血行をよくして代謝を上げてくれます。
ワカメの味噌汁なら、カリウムとともに、血圧を下げる働きもあります。

大豆イソフラボン
大豆には、女性ホルモンに似た成分である、イソフラボンが多く含まれています。
肥満を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたり、美肌効果があります。

ワカメの酢の物
お酢の成分であるクエン酸は、糖質の吸収を緩やかにしたり、脂肪の燃焼を促進する働きがあります。
酢酸には、血圧を上昇させるホルモンを抑える働きもあり、カリウムとの相乗効果が生まれます。

糖質の吸収を抑える
ワカメや昆布に含まれる、水溶性食物繊維のアルギン酸が、糖質の吸収を抑えます。
食後の血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロールを排泄する作用があります。