海藻のネバネバ成分・フコイダンが血糖値の上昇を抑える

海藻のネバネバ成分の一つが食物繊維の一種であるフコイダンで、健康維持に役立ちます。

もずく酢

フコイダンは水溶性の食物繊維
フコイダンは、ガゴメ昆布、メカブ、モズクなどの海藻に含まれる水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維には、食後の血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロールの排泄、中性脂肪を抑えるなどの働きがあります。

ピロリ菌を除去
フコイダンのヌルヌル成分が、胃の粘膜を保護します。
このヌルヌルは、胃潰瘍や胃ガンの原因になるピロリ菌を吸着して、体外に排泄する効果もあります。
また、ガンの治療に使うという研究もされています。

免疫システムを活性化
フコイダンには、ウイルスや細菌に感染した細胞を死滅させるなど、免疫機能を活性化させるとされています。
また、傷ついた肝細胞を修復し、肝機能をよくするとの報告もあるそうです。

酢との相性がよい
フコイダンは、お酢と一緒に摂ることで、消化吸収がよくなります。
お酢の成分であるクエン酸には、糖質の吸収を緩やかにしたり、脂肪の燃焼を促進するなどの作用があります。
メカブ、モズクなど、ネバネバ成分のある海藻を「酢の物」で食べれば、一石二鳥です。