ミネラルの効果と摂取目安量

ダイエットで不足しがちになる各ミネラルの働きと摂取目安量、含有量の多い食品です。

カルシウム
リンと結合して歯や骨をつくったり、心臓、肺、手足など筋肉の収縮に関わります。平均摂取率が低く、さらに年をとるほど吸収されにくくなります。

マグネシウム
ビタミンB群とともにエネルギーをつくるのに必要で、不足すると疲労の回復が遅れます。発汗により大量に失われます。

カリウム
余分な塩分と水分を排泄します。血圧を下げたり、むくみを改善する作用があります。


酸素を運ぶ赤血球中のへモグロビンの成分となります。不足すると息切れやスタミナに影響します。

亜鉛
ビタミンCとともにコラーゲンの合成に関わり、ビタミンCやクエン酸といっしょに摂ると吸収がよくなります。