夕食後にヨーグルト・腸内の善玉菌を増やして便秘改善

 

ヨーグルトには、腸内環境をよくする善玉菌である乳酸菌が豊富に含まれています。ビフィズス菌も乳酸菌の一種で、人体に悪影響を及ぼす悪玉菌を減らしてくれ、便秘の改善にも効果的です。夕食後に食べると効率が上がります。

ビフィズス菌
ビフィズス菌は、腸内環境を悪くする悪玉菌を減らしてくれるので、便秘解消の効果があります。
ビフィズス菌は酸に弱いため、空腹時に食べると胃酸が多く出て、腸に届く前に死んでしまいます。
死んでも腸内の善玉菌の餌になるので、効果がない訳ではありません。

食後に食べる
食後は胃酸の分泌が弱くなっている状態なので、ビフィズス菌が生きたまま腸内に届きやすくなります。
ヨーグルトを食後に食べることで、人体に悪影響を及ぼす悪玉菌を減らしてくれます。

夕食後に食べる
朝や日中は腸の活動が活発なので、この時間帯にビフィズス菌を摂っても、排泄されやすいです。
便秘改善には、腸内に留めることが重要なので、腸の活動が穏やかな夜に食べると効果的です。
上記のとおり、夕食後にヨーグルトを食べることで、便秘を解消しやすくなります。




オリゴ糖
オリゴ糖は、消化性と難消化性に大別されます。
難消化性オリゴ糖には、ビフィズス菌や乳酸菌を増やす働きがあり、お腹の調子を整えるトクホ(特定保健用食品)に認可されています。
また、血糖値を上げにくく、甘味料として使えば、ダイエットにも効果的です。

プロバイオティクス
最近よく聞く言葉で、乳酸菌を使った食品を総称して、プロバイオティクスといいます。
プロバイオティクスには、腸内環境の改善、免疫力アップ、血圧やコレステロールを抑えるなどの作用があります。
年齢とともに、悪玉菌は増えていくので、乳酸菌を日常的に補給することが重要です。

キムチの乳酸菌
キムチは、代謝をよくする唐辛子、ニンニクなど、脂肪燃焼に効果的です。
ヨーグルトと同様に、乳酸菌も豊富なので、腸の働きをよくし、便秘解消などにも効果があります。