オクラで糖の吸収を抑える・ダイエット情報はお蔵入り!

 

オクラのネバネバ成分が、血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを排泄して、体脂肪になるのを防ぎます。

ネバネバ成分
オクラを刻んで水にさらすと、ネバネバ成分が出てきます。
ネバネバ成分の正体は、水溶性の食物繊維で、血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロールを排泄する作用があります。
熱に弱いので、茹ですぎると効果がなくなってしまいます。

糖の吸収を抑える
オクラのネバネバ成分が、食べたものを包み込むので、糖の吸収が抑えられます。
血糖値の上昇が緩やかになることで、体脂肪になるのを防ぐことができます。
オクラのGI値は28です。

亜鉛の吸収をよくする
亜鉛には生殖機能を高める働きがあり、精子の形成、女性ホルモンの分泌をよくします。
亜鉛が多く含まれている食品と言えば牡蠣です。
牡蠣フライなどと一緒に、オクラを食べることで、亜鉛の吸収率がアップします。
レモン汁にも同様の働きがあります。

たんぱく質の吸収をよくする
オクラのネバネバ成分には、たんぱく質の吸収をよくする働きがあります。
肉や魚と一緒に、オクラを食べることで、筋肉疲労の回復などに効果的です。

食欲を増進させる
ネバネバ成分には、消化酵素の分泌を促す働きがあり、食欲を増進させます。
胃もたれも解消され、夏バテの予防にも効果的です。
山芋やナメコなどにも、同様の働きがあります。