簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > ラクして痩せる豆知識

ラクして痩せる豆知識


油の摂取量を減らすには
揚げ物の衣は油を多く含んでカロリーが高く、小麦粉なのでGI値も高いです。 また、血糖値が高い状態で油を摂ると体脂肪になりやすくなります。

朝食を食べないと太る理由
朝食を抜いて1日2食にすると、空腹時間が長くなり、体が軽い飢餓状態と感じて、脂肪を蓄えようとして太りやすくなります。

間食を摂ってもよい
空腹時間が長く続くと、脳は飢餓状態と思い込み、体に脂肪を蓄えようと働くので、低カロリーの間食を摂ることはダイエットに効果的です。

お酢・クエン酸で脂肪燃焼
お酢の成分であるクエン酸には、脂肪の燃焼を促進したり、コレステロールを減らす効果もあります。

牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群
牛乳はコップ1杯(200ml)で130kcalあり、多少カロリーが高いですが、食事のGI値を低くする効果が抜群で、炭水化物が好きな人にはうってつけのダイエット食品です。

太りにくい飲み物
ジュースや炭酸飲料などの甘い飲み物と、脂肪の多い食べ物を一緒に摂ると、体脂肪がつきやすくなります。

太りにくいお酒の飲み方
ビール・日本酒などの醸造酒は糖質が多く、焼酎・ウィスキー・ワインなどの蒸留酒は糖質が少ないので、こちらの方がダイエット向きです。

太りにくいデザート
デザートを食べるなら、牛乳を使ったプリンやヨーグルト、寒天を使ったフルーツゼリーなどにします。

「甘いものは別腹」太る悪循環・違う味が欲しくなる
お腹がいっぱいなのに食べられる「甘いものは別腹」。甘いものでなくても、味が変われば、いくらでも食べれてしまい、太る悪循環に陥ってしまいます。

青魚が痩せるホルモンを分泌
青魚に含まれるEPAを摂ると、痩せるホルモンの分泌が促進し、腹持ちをよくしたり、食欲を抑えます。

野菜も摂り方しだいで太る
1日の野菜摂取量、サラダのドレッシング、市販の野菜ジュース、ごはんは野菜から食べるなど。

ダイエットに効果的なクルミの食べ方
胡桃(クルミ)には、ダイエット効果がありますが、たくさん食べれば痩せる訳ではありません。

肥満の人は味覚障害・濃い味付けは太る原因に
太っている人は、味覚が悪くなると言われます。味覚が悪くなると、味付けが濃くなり、さらに太る原因となり、悪循環に陥ってしまいます。

睡眠不足は太りやすい
睡眠不足になると、食欲促進ホルモンが増加し、食欲抑制ホルモンが減少するため、太りやすくなります。就寝前までスマホを見ているのも太ります。

食後に眠くなるのは・血糖値の急降下は太りやすい
食べると眠くなるのは、血糖値の乱高下げが原因で、同時に体脂肪を溜めやすくなります。食後に眠くなることは、太りやすい状態です。

行列ができる人気店での食事は太る
グルメサイトで人気の行列ができる店での食事は、空腹時間が長くなる、早食いになるなどの理由で、血糖値が急激に上昇しやすく、太る原因になります。

筋トレをしても体重が減らない原因
筋トレには、すぐに痩せる即効性はありませんが、1〜2ヶ月継続すれば、筋肉がつくことで基礎代謝が上がり、太りにくい体を手に入れることができます。

ながらフィットネス・効率よく体脂肪燃焼
何かのついでに行う軽い運動で、消費カロリーもは少ないですが、積み重ねるとけっこうな運動量になります。

体脂肪を燃焼できる筋肉とできない筋肉
一口に、筋肉をつければ痩せると言いますが、体脂肪を燃焼できる筋肉と、できない筋肉があります。体脂肪が減らないのは、これが原因かも知れません。

100%ジュース・糖質とカロリーの摂りすぎに注意
果物の糖質(果糖)は、満腹中枢が働かず、食べすぎの原因になります。果物を搾ってジュースにすると糖質量、カロリーが増えます。
食後に汗をかかない方法
ダイエットや冷え性改善などのためには、温かい料理を食べて代謝を上げたいですが、冷たくて食後に汗をかかず、後に体を温めてくれる料理もあります。
減量して痩せたはずなのに…太って見える理由
極端な食事制限などをしていると、体重が減っているのに、見た目が太ることもあります。このような場合には、体脂肪率が増えています。

大豆イソフラボンで胸に脂肪をつけてバストアップ
胸の大きさは、女性ホルモンが影響しています。日本人は、これに似た大豆の成分であるイソフラボンの摂取率が極端に低いそうです。

稲荷寿司ダイエット・お酢+大豆たんぱく
お酢+大豆たんぱくの相乗効果!稲荷つながりで、京都旅行の際に伏見稲荷をハイキングして、筋力をつけたり脂肪燃焼するのもよいです。

ウナギの豊富なビタミンが糖質・脂質をエネルギーに
ウナギには、ビタミン類が豊富に含まれ、ビタミンAが肉体疲労回復、ビタミンB1がエネルギーをつくり、ビタミンB2が脂肪を分解するなどの働きがあります。

スイカの成分シトルリンが血流改善して代謝促進
スイカには、血管を拡張するシトルリンという成分が含まれています。食べた直後は体を冷やしますが、やがて血流がよくなり、冷え性やむくみの改善に。

オクラで糖の吸収を抑える
オクラのネバネバ成分が、血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを排泄して、体脂肪になるのを防ぎます。

山芋の消化酵素が食欲を増進!太る原因にもなる
山芋のGI値は75で、血糖値を上げやすい食品。山芋のネバネバの成分が糖質を包み込み、血糖値の上昇が抑えられると言いますが、本当でしょうか?

夕食後にヨーグルト・腸内の善玉菌を増やして便秘改善
ヨーグルトには、腸内環境をよくする善玉菌である乳酸菌が豊富に含まれています。夕食後に食べると便秘を改善する効率が上がります。




 体によいダイエット
 簡単エクササイズ
 肥満種類別ダイエット
 部分やせエクササイズ
 ラクして痩せる豆知識
 低GIダイエット
 食欲を抑える方法
 代謝を上げる方法
 栄養素ランキング
 やせる料理・太る料理
 体脂肪を減らすツボ
 ウォーキングで痩せる