簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > ラクして痩せる豆知識

ラクして痩せる豆知識


油の摂取量を減らすには
揚げ物の衣は油を多く含んでカロリーが高く、小麦粉なのでGI値も高いです。 また、血糖値が高い状態で油を摂ると体脂肪になりやすくなります。

朝食を食べないと太る理由
朝食を抜いて1日2食にすると、空腹時間が長くなり、体が軽い飢餓状態と感じて、脂肪を蓄えようとして太りやすくなります。

間食を摂ってもよい
空腹時間が長く続くと、脳は飢餓状態と思い込み、体に脂肪を蓄えようと働くので、低カロリーの間食を摂ることはダイエットに効果的です。

お酢・クエン酸で脂肪燃焼
お酢の成分であるクエン酸には、脂肪の燃焼を促進したり、コレステロールを減らす効果もあります。

牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群
牛乳はコップ1杯(200ml)で130kcalあり、多少カロリーが高いですが、食事のGI値を低くする効果が抜群で、炭水化物が好きな人にはうってつけのダイエット食品です。

太りにくい飲み物
ジュースや炭酸飲料などの甘い飲み物と、脂肪の多い食べ物を一緒に摂ると、体脂肪がつきやすくなります。

太りにくいお酒の飲み方
ビール・日本酒などの醸造酒は糖質が多く、焼酎・ウィスキー・ワインなどの蒸留酒は糖質が少ないので、こちらの方がダイエット向きです。

太りにくいデザート
デザートを食べるなら、牛乳を使ったプリンやヨーグルト、寒天を使ったフルーツゼリーなどにします。

青魚が痩せるホルモンを分泌
青魚に含まれるEPAを摂ると、痩せるホルモンの分泌が促進し、腹持ちをよくしたり、食欲を抑えます。

野菜も摂り方しだいで太る
1日の野菜摂取量、サラダのドレッシング、市販の野菜ジュース、ごはんは野菜から食べるなど。

ダイエットに効果的なクルミの食べ方
胡桃(クルミ)には、ダイエット効果がありますが、たくさん食べれば痩せる訳ではありません。

睡眠不足は太りやすい
睡眠不足になると、食欲促進ホルモンが増加し、食欲抑制ホルモンが減少するため、太りやすくなります。就寝前までスマホを見ているのも太ります。

効率よく体脂肪燃焼
何かのついでに行う軽い運動で、消費カロリーもは少ないですが、積み重ねるとけっこうな運動量になります。




 体によいダイエット
 簡単エクササイズ
 肥満種類別ダイエット
 ラクして痩せる豆知識
 低GIダイエット
 食欲を抑える方法
 代謝を上げる方法
 体脂肪を減らすツボ
 ウォーキングで痩せる
 アンチエイジング