ワンダーコアで腹筋をつけて基礎代謝を増やす

倒れるだけで腹筋運動ができるワンダーコアスマートの筋トレ効果・ダイエット効果です。


筋トレが長続きする
普段運動している人にとっては、ワンダーコアではそれほど筋肉はつきませんが、あまり運動していない人にとっては十分に筋肉がつきます。
背もたれの反発力があるので、床で行うシットアップよりラクなので長続きします。

体脂肪を増やさない
体脂肪を燃焼するには、少なくても有酸素運動を20分以上継続しなければなりません。
しかし、ワンダーコアスマートは運動時間が短いので、体脂肪がエネルギーとして使われる有酸素運動ではなく、糖質がエネルギーとして使われる運動です。
体脂肪はあまり減りませんが、余った血糖が使われることで体脂肪になるのを防ぐことができます。

基礎代謝が増える
10分間の腹筋運動の消費カロリーは約60kcalです。
1セット30秒での消費カロリーは、たったの3kcalということになり、3セットでは9kcalです。
腹筋運動だけの消費カロリーは少ないですが、筋肉がつくことで基礎代謝が増え、太りにくい体質になります。

太ももの筋肉もつく
シットアップでは、腹筋だけでなく、太ももの筋肉や腸腰筋(階段などで太腿を上げる筋肉)も鍛えることができます。
体の部位で最も筋肉量が多いのが太ももで、加齢で最も減るのも太ももの筋肉です。
太ももの筋肉をつけたり維持することで、基礎代謝を下げずに太りにくくできます。




1セットたったの30秒
ワンダーコアスマートは、1セットたったの30秒でお腹周りを引き締めるというのが売りです。
1セット30秒で腹筋運動できる回数は10回くらいです。1日に3セットくらいを、1ヶ月くらい行うと効果が現れてきますので、継続することが大切です。

腹筋は割れるのか
ワンダーコアスマートでは、CMのマッチョな外国人男性のように、ボコボコと腹筋が割れることはありません。
ワンダーコアスマートで腹筋が割れたという人がいますが、これは腹部の脂肪が少なくなって腹筋がうっすら見えてきたくらいにすぎません。
負荷の大きいシットアップベンチでトレーニングしても、そう簡単に腹筋は割れないので、筋肉をつけたくないという女性でも安心してトレーニングできます。

スロートレーニングの効果
ワンダーコアスマートは、背もたれの反発力があるので、ラクに腹筋運動ができますが、一気に体を倒して起き上がるのではもったいありません。
慣れてきたら、ゆっくりと動作させることでスロートレーニングの効果が得られます。
スロートレーニングは加圧トレーニングと同様に、成長ホルモンが多く分泌され、体脂肪の分解を促進します。

ワンダーコアスマートの類似品
ワンダーコアスマートの反発力はスプリングですが、類似品の反発力は天然ゴムです。
ワンダーコアスマートはダイヤルで好きなレベルに負荷調節できますが、天然ゴムの場合は長さを変えることで負荷を調節しています。

ワンダーコア
1台で6種類の腹筋運動が実現。体を倒すだけで腹筋が鍛えられる腹筋マシン。180度以上、体を反らすことができるので、コア全体を限界まで収縮し、床での腹筋運動よりもはるかに広範囲の筋肉を鍛えられます。
ワンダーコア スマート
体を倒す時も起こす時も背もたれの反発力が腹筋を刺激し、たった30秒でお腹周りを引き締めます。クランチ、ブリッジ、トライセップ、アブタック、プッシュアップ、シザーキック、バイシクルなどの運動が1台で可能です。