太りにくい麺類の食べ方

トップ > 低GIダイエット > 麺類の食べ方

 

そばのGI値は55で、玄米と同じで主食な中では低く、ダイエット向きの食品です。
うどんはGI値が高く太りやすいですが、山菜うどん、月見うどん、鍋焼きうどんにするとGI値を低くできます。

月見うどん

そば・うどんのGI値
そばのGI値は玄米と同じ55で、主食な中では低くダイエット向きの食品です。
うどんのGI値は白米と同じ85なので、そばかうどんなら、そばのほうが腹持ちがよくダイエット向きです。 また、そばは体を温め、うどんは体を冷やす効果があります。
うどんはGI値は高いですが、消化がよく、すぐにエネルギーになります。

ざるそば・かけそば
水分を多く含んでいると消化吸収がよくなりGI値が高くなります。
ざるそばより、かけそばの方がGI値が高いですが、冷たいのもより暖かいもののほうが代謝がよくなり、太りにくいということもあり、どちらがダイエットによいかは一概には言えません。
ただし、ざるそばは短時間でサッと食べられるので、満腹中枢が働きにくく、食べ過ぎに注意が必要です。

そば・うどんの食べ方
ざるそばやかけそばなど、そばだけよりも、野菜、キノコ、肉、卵などを加えることで、GI値が低くなり、太りにくくなります。ただし、天ぷらや掻揚げは、GI値の高い小麦粉を使っているので、できるだけ避けるようにします。
同様にうどんも、山菜うどんや月見うどん、鍋焼きうどんにするとGI値を低くできます。

とろろそば、納豆そば
納豆や山芋などのネバネバした食品に豊富に含まれる水溶性食物繊維消化吸収を遅らせ、食後血糖値を上げにくくします。
また、納豆菌は腸内にある善玉菌を増やして腸の働きが改善し、便秘の解消にも役立ちます。

力うどん、カレーうどん
力うどんは、うどんと餅で炭水化物+炭水化物です。また、ざるそばにおにぎりなどもよくありません。また、カレーうどんやカレー南蛮そばは、つゆに糖質が原料である片栗粉が使われているのでGI値が高いです。




ラーメン
中華麺のGI値は60で、白米やうどんに比べると低いですが、野菜の豊富なタンメンにすればGI値をさらに低くすることができます。
また、GI値を低くする効果がある酢が使われて具材が豊富な冷やし中華もでよいです。
餃子を食べるときは酢を使うとよいです。

レンゲを使うと太る?
ラーメンのスープを飲むときにレンゲを使うと脂肪を多く摂ってしまうことになります。
脂肪分はスープの表面に浮いています。器に口をつけて飲むと、器が傾いて脂肪分を遠ざけることができます。また、唇が油をせき止める効果もあります。

タンメン

パスタ
パスタのGI値は65で、白米やうどんに比べると低いですが、ぺペロンチーノなどはほとんどが麺なので、具材の多いものを食べたほうがよいです。
ミートソースにチーズをかけたり、きのこスパゲティにするとGI値を低くすることができます。
カルボナーラは生クリームやベーコンで高カロリーですが低GIなので、食べすぎなければ大丈夫です。
また、硬めに茹でることで食事のスピードがゆっくりになります。

焼きそば
焼きそばは、蕎麦ではなく中華麺なのでGI値は60です。
キャベツなど野菜をたくさん入れることGI値を低くすることができます。
また、糖質の多いソースやあんかけのあんなどの量を少なくすることも重要です。

大根おろし
大根や山芋にはジアスターゼという消化促進酵素が含まれています。
おろしそば、焼き魚、卵焼きなど大根おろしを一緒に食べるのは、胃腸にやさしいのが理由の一つです。
ただし、消化がよくなることで食後血糖値が上りやすくなるので、食事の後半で食べたほうがよいです。
消化促進酵素は時間が経つと分解されてしまうので、おろしてすぐ食べないと効果がありません。

14日間集中!糖尿病改善プログラム