低GIダイエットの基礎知識

 

低GIダイエットとは、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることで、インスリンの分泌を少なくし、糖が体脂肪になるのを防ぐダイエット方法です。

玄米

カロリー制限すると
極端なカロリー制限を続けていると、脳は飢餓状態だと思い込み、食べたものを脂肪として蓄えようとします。
すると、食べたものからエネルギーがつくられなくなり、筋肉を分解してエネルギーをつくり出すようになります。
こうなると体重が減ったようにみえますが、これは脂肪よりも重い筋肉が減ったことによるものです。
筋肉が減ると、基礎代謝や消費エネルギーも同時に減るので、太りやすくなってしまいます。
ここでは、辛いカロリー制限をせずにできる低GIダイエットを紹介します。

血糖値とインスリン
糖質を摂取すると、消化吸収されて血糖値が上昇し、これを下げようとするためにインスリンが分泌されます。
摂取した糖質の量が多いほど、また血糖値の上昇が急激なほど、インスリンが多く分泌されます。
血糖はエネルギーとして使われますが、インスリンはエネルギーとして使われなかった血糖をグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄え、余った糖を体脂肪に変える働きがあります。

血糖値の急上昇が太りやすい
血糖値の上昇が速いと、糖をエネルギーとして使い切れず、インスリンがより多く分泌され、脂肪が蓄積されやすくなります。
逆に血糖値の上昇が緩やかなら、エネルギーとして使われるので、インスリンの分泌も少なくなり、脂肪の蓄積を少なくできます。

GI値とは
GI値とはグリセミック・インデックスの略で、糖質が消化吸収されて血糖値を上昇させる速さを表した指数です。
ブドウ糖のGI値を100とし、これと比較してどれくらいかで表します。
数値が高いと血糖値が急激に上昇し、低いと血糖値の上昇が緩やかになります。

低GIダイエットとは
低GIダイエットとは、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることで、インスリンの分泌を少なくし、糖が体脂肪として蓄えられるのを防ぐダイエット方法です。
糖質には、血糖値をすばやく上げるGI値の高いのものと、緩やかに上昇させるGI値の低いのものがあります。
例えば、白米(GI値85)を玄米(GI値55)に変えたり、うどん(GI値85)をそば(GI値55)に変えるなどです。




低GIダイエット
低GIダイエットの基礎知識
GI値の低い食品を摂る
食事のGI値を低くする方法
知らぬ間に糖質を摂りすぎている
パンの太りにくい食べ方
麺類の太りにくい食べ方
白米の太りにくい食べ方
丼が太りやすい理由