太りにくいパンの食べ方

食パンのGI値は90、ロールパンのGI値は80、全粒粉パンのGI値は50です。食パンを全粒粉パンに変えたり、牛乳を一緒に飲むことで、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

パン

パンかごはん
粒状のごはんは、小麦粉からできているパンよりも消化吸収が遅く、インシュリンの分泌も少ないです。
糖質を体脂肪に変えるインシュリンの分泌が少ないと、太りにくくなります。ごはんかパンで言えば、ごはんの方がダイエット向きです。

食パン・トースト
食パンはGI値が高い食品ですが、トーストにすると多少は血糖値の上昇が緩やかになります。
トーストにバターつけるとカロリーが高くなりますが、何もつけないよりは血糖値の上昇が緩やかになります。
卵や牛乳を使うフレンチトーストなら、さらにGI値を下げることができます。

マーガリンとバター
マーガリンとバターでは、植物性のマーガリンの方がカロリーが低いですが、トランス脂肪酸が含まれています。
毎日摂っていると、肥満の原因になりやすく、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。




菓子パンのカロリー
アンパン、クリームパン、ジャムパン、メロンパンなどの菓子パンも、パンに砂糖なので炭水化物+炭水化物の組み合わせです。
菓子パンは1個で300~400kcalもあり、どんぶり1杯のごはんと同じカロリーです。

惣菜パンは糖質の摂りすぎ
コロッケパン、焼きそばパンなどの惣菜パンは、炭水化物+炭水化物の組み合わせで、糖質の摂りすぎになります。
うどん+丼のセット、力うどん、お好み焼き定食なども同じで、とても太りやすいです。

惣菜パン

血糖値が上がった状態で揚げ物
コロッケパンやフィッシュバーガーなど、パンで血糖値が上がった状態で揚げ物を食べると、体脂肪になりやすくなります。
また、ハンバーガーとフライドポテトの組み合わせも同様です。

太りにくいパンの食べ方
トーストとコーヒーだけでは、朝食を摂っているとは言えず、バランスも糖質に偏っています。
できれば、ゆで卵や野菜サラダを一緒に摂るとよいですが、面倒ならバナナや牛乳だけでもプラスするとよいです。




低GIダイエット
低GIダイエットの基礎知識
GI値の低い食品を摂る
食事のGI値を低くする方法
知らぬ間に糖質を摂りすぎている
パンの太りにくい食べ方
麺類の太りにくい食べ方
白米の太りにくい食べ方
丼が太りやすい理由