お笑い番組・見るだけ・腹筋ダイエット

トップ > 簡単エクササイズ > お笑い見るだけ

 

お笑い番組・バラエティ番組などを見ているときは、少しお腹を意識することで、より腹筋が使われます。

お笑い番組を見るとき
笑いすぎるとお腹が痛くなることがあります。これは腹筋が使われいるからです。
少しだけお腹を意識するだけでも、腹筋は使われます。
お笑い番組・バラエティ番組などを見て、ストレスを発散することは良いことですが、ただ無意識に笑っているのではもったいありません。

息を吐くと腹筋が使われる
腹筋は層になっていて、表面にあるのが腹直筋、その内側に腹斜筋、さらにその内側にあるのが腹横筋です。
腹筋には呼吸筋としての働きもあり、息を吐くだけで腹横筋は収縮しています。
フッフッフッと息を強く吐くと、より腹横筋が収縮します。笑っているときも、普通に呼吸しているときよりは息を強く吐いているので、より腹横筋が収縮します。

ロングブレスダイエット
呼吸を使ったロングブレスダイエットがありますが、これは息を長く吐くという方法です。
息を吐いていくほど、腹横筋に大きな負荷がかけることができますが、意外と辛いものです。
そこで、お腹を凹ませることを意識します。お腹を凹ませることも息を強く吐くのと同じような効果があり、楽にできます。

お笑い番組を見ながらダイエット
お笑い番組を見るときは、少しお腹を凹ませることを意識して、笑うようにします。
お腹を触って確認してみると分かりますが、普通に笑うより、お腹を凹ませた状態で笑ったほうが腹筋が硬くなります。
ロングブレスダイエットのように息を吐き切ると効果が大きいですが、これは大変なので無理をしないことが重要です。

腹筋が使われると
腹筋が使われると、今まで使われていなかった腹筋が鍛えられて、徐々にお腹が引き締まっていきます。
さらに代謝も上がっていくので、体脂肪が減ったり、付きにくくなります。

ストレスが溜まると体脂肪が増える
ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンが分泌され、血液中に遊離脂肪酸が大量に現れて、中性脂肪やコレステロールに合成されます。
結果、ストレスが溜まると体脂肪が増えます。笑うことでストレスを発散することがダイエットにつながります。