食後血糖値を下げる簡単な運動で体脂肪になるのを防ぐ

血糖値が高くなる食後1時間くらいに、太ももなどの大きな筋肉を動かすことで、血糖値を下げることができます。体の中で太ももは特に筋肉が多く、軽い運動でも効果的にカロリーを消費できます。使われなかった血糖は体脂肪として蓄えられます。

レッグエクステンション
(腹筋と大腿四頭筋のトレーニング)
椅子に座り、両手で支えながら片脚を前に伸ばして数秒静止し、ゆっくりと元に戻します。
左右10回行います。
食後1時間くらいに行なうと血糖値を下げることができます。
1-1   1-2
サイド・レッグレイズ
(お尻と太もも横の筋肉のトレーニング)
横向きに寝た状態から上側の脚を浮かせて数秒静止し、ゆっくりと元に戻します。
左右10回行います。
食後1時間くらいに行なうと血糖値を下げることができます。
2-1   2-2
ヒップリフト
(大殿筋とハムストリングスのトレーニング)
両ひざを立てて仰向けになります。お尻を浮かせて数秒静止し、ゆっくりと元に戻します。
10回行います。
食後1時間くらいに行なうと血糖値を下げることができます。
3-1   3-2