すき焼きで代謝を上げる・カロリーを控えるなら水炊きに

トップ > 料理 > すき焼き

 

すき焼きは、牛肉や豆腐でタンパク質、長ネギや春菊でビタミンなど、栄養バランスがよいですが高カロリーです。カロリーが気になる場合には、水炊き、しゃぶしゃぶに替えるとよいです。

牛肉
牛肉には、L-カルニチンという体脂肪を燃焼させるために必要な成分が多く含まれています。
L-カルニチンは、体内ではほとんど合成されません。歳をとると太りやすくなるのは、肉類をあまり食べなくなることも一つの要因です。

豆腐
大豆には、代謝を上げるタンパク質、コレステロール値を下げたり、便秘の解消に役立つ食物繊維が多く含まれています。
大豆のイソフラボンは、女性ホルモンに似た成分で、美容効果があります。

長ネギ
タマネギを切ったときに、涙を出させるのが硫化アリルという成分です。
長ネギにも、硫化アリルが含まれ、血液をサラサラにしてくれます。
肉類に含まれ、糖をエネルギーに変えるビタミンB1の吸収率を上げる働きもあります。




生卵
牛肉を卵につけて食べると美味しいですが、その分、カロリーが高くなります。
卵には栄養が豊富ですが、すき焼きだけでも栄養バランスがよいので、カロリーの摂りすぎになってしまいます。

しゅんぎく
緑黄色野菜のしゅんぎくには、ビタミンA(βカロテン)が多く含まれています。
ビタミンAは、タンパク質やグリコーゲンの合成などに関わり、ダイエットでも重要です。
ビタミンAは、油といっしょに摂ることで吸収率が上がるので、すき焼きはよい料理です。

しらたき
しらたきは蒟蒻なので、食物繊維が大量に含まれ、カロリーがほとんどありません。
グルコマンナンという水溶性食物繊維が、血糖値の上昇を防いだり、血中コレステロールを減らしてくれます。

割り下
すき焼きの割り下は、味付けが甘く、その分、糖質量が多くなります。
調味料のみりんは、意外とカロリーが高く、大さじ1杯で43kcalあります。

水炊き
すき焼きのカロリーが気になる場合には、水炊き、しゃぶしゃぶに替えるとよいです。
代謝を上げるタンパク質はそのままで、カロリーや脂質を少なくできます。