チャーハンは血糖値を上げにくいが高カロリー・早食いに注意

トップ > 料理 > チャーハン

 

チャーハン・焼き飯は、白米に比べて脂肪が多く、血糖値が上がりにくく、腹持ちがよいです。しかし、糖質や脂質が多く高カロリーなので、食べすぎれば太ります。

血糖値が上がりにくい
チャーハンの米は、油や卵でコーティングされています。
剥き出しの白米に比べて、消化吸収が遅くなり、血糖値が上がりにくく、腹持ちもよくなります。

焼豚
チャーシューの豚肉には、糖をエネルギーに変えるビタミンB1が多く含まれています。
血糖値の急激な上昇が抑えられ、脂肪を溜め込むのを防ぐことができます。


卵のアミノ酸スコアは100で、体に必要な必須アミノ酸をすべて摂ることができ、代謝を上げてくれます。
必須アミノ酸は、体内で合成することができないので、食品から摂るしかありません。




玉ねぎ
タマネギには、血流をよくする作用があり、代謝を上げます。
コレステロールや中性脂肪を減らす、血圧を下げたり、動脈硬化の予防にも効果的です。

ミックスベジタブル
チャーハンには、ニンジン、グリーンピース、コーンなども入っています。
ニンジンやグリーンピースには、βカロテン(ビタミンA)が多く含まれ、糖質やタンパク質の代謝に関わっています。
βカロテンは、脂溶性ビタミンなので、チャーハンなら吸収率が上がります。

チャーハンのカロリー
チャーハンは、白米に比べて、血糖値を急激に上げることはないですが、糖質量は変わりません。
また、油で脂肪が多く、3倍以上のカロリーがあります。
ラーメン+チャーハンなど、食べすぎれば太ります。

早食い
チャーハンは、白米のように、おかずと一緒に食べることはあまりなく、早食いになりやすいです。
せっかく血糖値が上がりにくいのに、早食いになっては効果が小さくなってしまいます。
満腹中枢が働くまでには20分かかると言われ、食べすぎには注意が必要です。