活性酸素を減らしてアンチエイジング

 

活性酸素は体を酸化させて老化や病気を引き起こします。
人体には活性酸素を減らす仕組みがありますが限度があるので、活性酸素を抗酸化物質で除去したり、できるだけ発生させないことが重要となります。

目次 |  活性酸素の対策 |  活性酸素の発生源 |  抗酸化物質の種類

老化を促進させる活性酸素の対策

活性酸素とは
人間が生きていくには酸素が必要で、体内で酸素が使われた際に変化するのが活性酸素です。
呼吸で取り入れた酸素の約2%が活性酸素に変化すると言われています。
単位体重当たりの酸素消費量が少ない動物ほど長生きの傾向にあるそうです。

活性酸素の性質
活性酸素は物質を酸化させる(サビさせる)性質があり、体内に入ってきた細菌やウイルスを撃退してくれますが、細胞や遺伝子も傷つけることもあります。
活性酸素が増えすぎると、病気になったり老化が進行することになります。

活性酸素ができる要因
活性酸素が発生する要因には、食事や飲酒・喫煙、排気ガス、紫外線などいろいろあります。
活性酸素は生きているかぎり発生し、細胞などを変化させ、老化や病気の原因にもなります。

抗酸化物質
人体には活性酸素を減らす仕組みがありますが限度があり、それを補うのが酸化を防ぐ抗酸化作用のある食品を摂ることです。
抗酸化物質には、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カテキン、コエンザイムQ10などがあります。




 活性酸素の発生源

紫外線
紫外線には酸素を活性酸素に変化させる性質があります。 紫外線を浴びると肌の脂質が、活性酸素により過酸化脂質に変化してシミやシワになります。
紫外線には骨をつくる際のビタミンDを合成するなどの良い面もあります。 帽子や日焼け止めなどを利用して、むやみに浴びないことが老化の予防につながります。

排気ガス
排気ガスにも有害な物質が多く含まれ、活性酸素を大量に発生させます。 排気ガスの成分である窒素酸化物が体内に入ると、過酸化脂質をつくって老化の原因になります。
最近よく聞くPM2.5は車から排出される微小粒子状物質で、肺機能の低下や発ガン性も疑われています。

タバコ
タバコにはニコチン、タールなど体に有害な物質が多く含まれ、活性酸素を大量に発生させます。また、活性酸素そのものである過酸化水素も含まれています。
これにより、肺がダメージを受け、機能が低下していきます。

ストレス
強いストレスを受けると心臓がドキドキしたり血圧が高くなります。これは一種のホルモンにより血管が収縮して血流が悪くなったためで、その後の血流が回復する過程で活性酸素が大量に発生します。
また、イライラによるヤケ食いやヤケ酒などでも活性酸素が大量に発生します。

激しい運動で活性酸素が発生
呼吸で体内に取り入れた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。運動をすると呼吸や心拍数が増えるので、安静時よりも活性酸素が発生するのですが、瞬発力を必要とするような激しい運動では活性酸素を大量に発生させます。
激しい運動をすると呼吸や心拍数が増えて大量に酸素を消費するので、活性酸素も多く発生してしまいます。 活性酸素の観点から言えば、激しい運動は逆効果になります。

無酸素運動
100m走や高負荷の筋トレなどの無酸素運動の後は、筋肉に集まっていた血液が一気に内蔵に戻ります。 この時に大量に活性酸素が発生し、体に負担が掛かります。 激しい運動を行う場合は、自分の体力や活性酸素を考慮することが重要です。
ウォーキングなどの有酸素運動では、呼吸や心拍数があまり増えないので、活性酸素もそれほど発生しません。 また、有酸素運動を継続すれば、体内で活性酸素を防ぐ酵素が活性化します。

日焼け
酸素に紫外線が当たるだけで活性酸素が発生するので、直射日光を長時間浴びることは避けるようにします。 皮膚に紫外線が当たると、メラニンが変わりに酸化されて、日焼けが起こります。
過度に日焼けすると、メラニンの働きが追いつかずに皮膚が酸化され、シワやシミの原因になります。

日焼け止め
日焼けの対策には日焼け止めのクリームなどを塗ります。 表示されているSPFとは、SPF1で20分、SPF10では200分、効果が持続し、PAは+の数が多いほど効果があります。
ただし、効果が大きいほど、肌への刺激が強くなるので、肌の弱い人は注意が必要です。




 抗酸化物質の種類

ポリフェノール
ポリフェノールには、赤ワインに含まれるアントシアニン、緑茶に含まれるカテキン、ココアに含まれるカカオマス、ウコンに含まれるクルクミンなど数百種もあり、抗酸化作用にすぐれています。

カテキン
カテキンは緑茶や紅茶に含まれる渋みや苦味の成分で、活性酸素を除去する働きがあります。ポリフェノールの一種で、食事で摂った糖質の消化吸収を抑える効果もあります。

カロテノイド
脂溶性の抗酸化物質で、緑黄色野菜に多く含まれます。 濃い色の野菜はビタミンEも豊富なので、相乗効果が得られます。カロテノイドにはβカロテンや、トマトに多く含まれるリコピンなどがあります。

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は、脂溶性のビタミン様物質で、強い抗酸化作用があります。エネルギーをつくるときに必要な成分で、肉や魚などに含まれています。体内でもつくられますが、加齢とともに減少します。最近では摂りすぎるとよくないとも言われています。

サポニン
豆腐、枝豆、納豆などの大豆製品に含まれるサポニンは、脂肪の酸化を防ぐ効果があります。また、血中コレステロールを下げるなどの働きもあります。

セサミン
ゴマにはセサミンなどの抗酸化成分が含まれています。 善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを下げる効果もあります。炒ったり、すりゴマにすると、さらに効果的です。

ショウガオール
しょうがに含まれる抗酸化物質です。しょうがはわさびと同様に殺菌作用もあるので、昔から刺身などに使われています。

クロロゲン酸
コーヒーに含まれる抗酸化物質です。 カフェインも含まれるので、飲みすぎると良くありません。

ビタミンC
ビタミンCは水溶性の抗酸化物質で、活性酸素の毒性を消去し、老化の防止などに役立ちます。
また、肌に大切なコラーゲンをつくりだすのにも必要です。

ビタミE
ビタミンEは脂溶性の抗酸化物質で、脂肪の酸化を防ぐ効果があり、老化の防止などに役立ちます。
油といっしょに摂ると吸収がよくなります。サプリメントのビタミンEには吸収しやすいように植物油などが含まれています。

βカロテン
βカロテンは脂溶性の抗酸化物質で、緑黄色野菜などに多く含まれています。体内でビタミンAが不足すると、βカロテンがビタミンAに変わります。
βカロテンは体への吸収率が悪いですが、油で炒めたりすることで吸収率が上がります。

水素水
水素水を飲むと、水素が体内の活性酸素と結合して水になり、活性酸素を除去します。しかし、水素は宇宙で一番小さい分子であるため、従来のペットボトルやアルミパウチの飲み口からも抜けてしまうそうです。
特殊な構造の飲み口のないものは、水素が逃げずに十分な効果が得られます。

アンチエイジング